感 染症にかかった場合の『治癒証明書』の提出について


学校保健安全法施行規則変更に伴い、感染症に疾 患した場合の対応について周知します。


インフルエンザを発症した場合の学校の出席停止 期間が、従前の「解熱後2日間」から「発症後5日間を経過し、かつ解熱後2日間」に改められています。タミフルやリレンザ等の抗インフル薬の普及によって 解熱が早くなり、感染力を保持したまま登校してくることによる感染拡大を防止することが大きな目的とされています。

 以下の感染症に疾患した場合は、病院に『学校における 感染症治癒証明書の記入のお願い』(※別紙1) と「治癒証明書」(※別紙2)を提出し、病院で記載した「治癒証 明書」と教務前の発行機から出した「公欠願」を教務グループへ提出してから、授業に参加して下さい(診断書は不要)。

なお、「治癒証明書」は、疾患名、出席停止期 間、登校許可の記載がしてあれば、病院所定の書式でも構いません。


病院への提出書類⇒ 別紙1・2

 

※従来までの提出書類 から変更となっていますので、ご注意ください。



■感染症の種類(学校保 健安全法施行規則18条)

第一種

エボラ出血熱、クリミア・コンゴ出血熱、痘そう、南米出血熱、ペスト、マールブルグ病、ラッサ熱、急性灰白髄炎、ジフテリア、重症急性呼吸器症候群(病原体 がベータコロナウイルス属SARSコロナウイルスであるものに限る。)、中東呼吸器症候群(病原体がベータコロナウイルス属MERSコロナウイルスである ものに限る。)及び特定鳥インフルエンザ、新型インフルエンザ等感染症、指定感染症及び新感染症


第二種

インフルエンザ(特定鳥インフルエンザを除く)、百日咳、麻疹、流行性耳下腺炎、風疹、水痘、咽頭結膜熱、結核及び髄膜炎菌性髄膜炎

第三種

コレラ、細菌性赤痢、腸管出血性大腸菌感染症、腸チフス、パラチフス、流行性角結膜炎、急性出血性結膜炎その他の感染症


麗澤大学 教務グループ


 Copyright (C) 2015 Reitaku Univ. All rights reserved.